menu

鼻とアレルギーとにおいのコラム

重症のスギ花粉症に対する最新治療:抗IgE抗体ゾレアによる治療

2020年より、重症・最重症のスギ花粉症に対して、2月~5月限定で抗IgE抗体(ゾレア®)を皮下注射する治療を行うことができるようになりました。

 

IgE? 

スギ花粉が鼻の粘膜に付着すると、花粉の持つたんぱく質が「抗原」「アレルゲン」として認識されます。体の免疫防御システムは「IgE」という免疫グロブリンを作ることでスギ花粉を排除しようとします。スギ花粉症のある方は、以前のスギ花粉「情報」により、スギに対するIgEが身体の中で産生され、肥満細胞の表面に並んでいます。このIgEにスギ花粉がくっつくことで「スイッチ」が入り、肥満細胞からヒスタミンという生理活性物質が大量に放出されてしまいます。このヒスタミンが神経や分泌物を出す鼻腺、血管などにあるヒスタミン受容体にくっつき、くしゃみ、鼻汁、鼻づまりなどをひきおこします。

つまり、スギ花粉を認識するIgEを持っているかがスギ花粉症の最も重要な入口のカギとなります。

 

内服薬の効果の限界とその他の治療

現在、アレルギー性鼻炎の治療薬の主役は「抗ヒスタミン薬」です。先ほど記したアレルギー反応の結果肥満細胞から飛び出したヒスタミンが受容体にとりつくことをブロックする薬です。より効き目が強く、より眠気の副作用が無い薬が開発され、多くのスギ花粉症の方の症状軽減に役立っています。ただ、アレルギー反応はヒスタミン以外の多くの物質が関与して引き起こされますので効果が不十分となる方もいます。

スギ花粉症の治療としては、抗ヒスタミン薬の内服以外に、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬、内服ステロイド、手術治療(後鼻神経切断術)などがありますが、最近では「スギ花粉エキスによる舌下免疫療法」も有効性を示しています。3年から5年にかけて毎日スギ花粉エキスが含まれた錠剤を舌の下に含み、内服することで「体質改善」につながる治療方法です。

ただ、これらの様々な治療にトライしても症状がおさまらない、最重症のスギ花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の方に対して、新たな選択肢として「抗IgE抗体治療」が認可された次第です。


抗IgE抗体治療?

昨今、様々な分野において、抗体治療、バイオ治療と呼ばれる治療が盛んにおこなわれるようになってきています。病気をひきおこす際には様々な化学反応が生体内でおこり連鎖していくのですが、その連鎖を引き起こす物質の産生や活動をブロックする「抗体」を開発して投与し、病気の流れを止めてしまう方法による治療です。アレルギーの分野では、気管支喘息の治療薬としての抗体治療が10年前から認可され多くの患者さんの喘息症状の改善に寄与してきました。その中でも最も古くから使われてきて効果が証明されている薬が、今回最重症スギ花粉症の治療薬として認可された、抗IgE抗体 ゾレア®です。

血液中の総IgE値、体重をもとに投与量が計算され、2週間もしくは4週間おきに1~4本の注射を皮下注射する治療となります。

 

治療までの流れ

この皮下注射による治療は既存の治療を行っても症状が酷い、「重症」「最重症」のスギ花粉症の方に限定した治療です。そのため治療開始までには高いハードルがあります。

   12歳以上が対象です。

   初回診察にて重症のスギ花粉症であることを確認します。症状が副鼻腔炎などの他の病気によってひきおこされているものでないかを、CT検査やファイバースコープ検査などで確認することもあります。

   1週間以上、抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬による治療を行います。

   再来院の際のスギ花粉症の症状がガイドライン上「重症もしくは「最重症」であることを確認します。

   採血を行い、スギIgE値、総IgE値を測定します。

⑥ 数日後に採血結果を確認して、投与可能かどうか、投与量と投与間隔が決まります。

⑦ 再来院してゾレア®の注射を開始

ここまでステップを踏んで初めて注射が可能となります。

スギIgE値がクラス3以上、総IgE値が301500IU/Lであることが絶対条件です。IgE値が高すぎる人は重症の方に多いのですが、投与量が増えすぎるので逆に投与できません)

体重と総IgE値よりゾレア®の投与量と投与間隔が決められます。総IgE値が高く、体重が重い方はより多くの注射を必要とする計算です。(体重がより重い方は総IgE値が1500IU/L以下であっても必要投与量が限界量を超えてしまうことにより、「投与不可」となることもあります。)

 

治療費

費用は薬剤費のみで1か月あたり、3割負担で約8000円から12万円の間です。投与量によって金額が変わります。治療を受けられる際には限度額適用認定証を申請し、年収に応じた医療費の助成を受けることをお勧めします。その他、受診、検査にかかる費用、同時に服用し続ける必要のある抗ヒスタミン薬の処方費がかかります。

ノバルティスホームページよりお薬情報 → ゾレア → 季節性アレルギー性鼻炎サイト( http://hajimete-xolair.jp/ )の中で概算が示されています。

 

大変高額な治療であり、皮下注射を何本もするという苦痛もある程度伴う治療ではありますが、既存の治療法の効果がみられず、大変苦しい花粉飛散時期を過ごされる方にとっては福音となる可能性がある治療です。