任意の記事タイトルが入ります | 鼻とアレルギーとにおいのコラム | 京都駅前耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック

京都駅より徒歩3

当院へのアクセス

menu

鼻とアレルギーとにおいのコラム

鼻茸を伴う慢性(好酸球性)副鼻腔炎の方を対象とした治験について

当院では20214月より鼻茸を伴う慢性(好酸球性)副鼻腔炎の方を対象とした薬剤による治療に関する「治験」を行う施設となっています。

 

この治験では、既に「気管支喘息」と「好酸球性多発血管炎肉芽腫症」の治療薬として安全性が確認された上で国内で認可・使用されているものを使用します。

(慢性(好酸球性)副鼻腔炎については、現在有効性、安全性を検討しているところです。)

 

ご参加いただける方の主な条件は下記のとおりです。(その他にも参加条件があります。)

★ 鼻ポリーブがあり、鼻の中に充満している方

匂いを感じづらい方

★3ヵ月以上にわたり下記症状がある方

  ・鼻づまり、鼻閉塞、鼻閉

  ・鼻汁

  ・顔面痛、顔面圧迫感

★ 血中好酸球数に関する規定に合致している方

★鼻茸の大きさが規定の値に合致している方

★以下条件に1つ以上当てはまる方

  ・副鼻腔手術や鼻茸切除の手術歴がある方

  ・過去2年以内に、鼻茸の治療を目的とした連続3日以上の全身性ステロイド薬の使用歴がある方

★決められたスケジュールで来院・検査・治療日誌の記入が可能な方

 

治験の参加期間は約56週(13カ月)で、参加期間中は約4週ごとに来院していただく必要があります。


手術や薬による治療をうけたにもかかわらず鼻づまりがひどくにおいがわからなくなっている方は一度当院にてご相談ください。